本の宅配買取りでダンボールは無料で貰える?

本の宅配買取りサービスは自宅に居ながら要らない本を売る便利な方法です。
仕組みとしては、インターネットから買取りの申し込みをしたら、宅配買取り業者が
提携している運送会社が自宅まで本を引き取りに来てくれるサービスです。

 

 

この時に不要な本を詰めるのにダンボールが必要になります。
もし自宅に引っ越しの時などに使ったダンボールが余っていればそれをそのまま
使用できますが、自宅にダンボールがない人もいるでしょう。

 

本の宅配買取りサービスの中にはダンボールを無料で提供しているサービスもあります。
例:ブックステーション、ブックサプライ

 

ダンボールの無料提供がある場合、条件付きになっているサービスがほとんどです。
本であれば〜点以上とか、査定額〜円以上ならダンボール、送料無料などです。

 

 

また、無料ダンボールを請求すると初回のお得な特典が付かないケースもあります。
例:もったいない本舗

 

そして、ダンボールは自分で用意してくれパターンもあります。
例:バブー、宅本便(ブックオフ)

 

ダンボールは近所のスーパーなどでも簡単に調達できますし、
バブーの場合は紙袋などでの梱包でも引取りに来てくれますが、もしダンボールを
準備するのが面倒な場合はダンボール無料のサービスに本の買取りを依頼したほうがいいでしょう。


自分で準備する場合のダンボールのサイズは?

自分で準備する場合、ダンボールのサイズはどれぐらいならいいのでしょうか?
私自身が過去に本の宅配買取りを利用した経験からすると、特にサイズのことを考えなくても
引き取ってくれましたが、大きすぎるダンボールは避けたほうがいいです。

 

一見すると、大きいダンボールを準備したほうがダンボールの個数が少なくなるから
楽かもしれませんが、サイズの大きいダンボールの本をぎっしり詰めるとかなり重くなります。

 

集荷に来てくれる運送業者の方も基本的には一人の場合が多いので、
少なくとも本を詰めても一人で持ち運べる重さになるダンボールに梱包しましょう

 

目安となるサイズをサイト上で公開している宅配買取りサービスもあるので参考にしてください。
まあ普通に考えれば通販で使われるサイズのダンボールやミカン箱ぐらいのサイズなら問題ないでしょう。

本の買取りで売る本のダンボールへの詰め方

ダンボールに本を詰める際の詰め方は特に指定はありませんが、平置きが基本です。
本を縦に詰めてしまうと、買取店に届くまでに本に折れや破れができてしまって
査定の際にコンディションでマイナス査定に繋がってしまうかもしれません。

 

平置きで詰めていって空いたスペースが本が入る大きさの場合
縦向きにしてでも詰め込みたくなってしまいますが、グッとこらえて
空いたスペースには新聞紙や緩衝剤を詰めておきましょう。

 

 

すき間が空いていると本が動いてしまい、これも傷や折れなどの原因となります。

 

【関連記事】
本の宅配買取りで送料無料で送るだけのおすすめ業者は?